14 両手を頭に向ける



 さらに両手のひらを高く持ち上げ、両掌を向かい合わせます。両手に直径20センチほどのボールを持っているようにイメージします。それから手のひらを頭部に向け、近づけていきます。すると、頭部さらに強い圧力感が感じられてくるでしょう。

 これが「百会」が開いた感覚です。もちろん、感覚がなくても大丈夫、繰り返すうちに、次第に感じられてくるでしょう。私たちの頭上の空間は約45センチまで、自分の体であると理解しましょう。



 
   
[BACK][TOP] [HOME] [NEXT]