4 真綿に針を隠す



 天地の呼吸は、まるで宗教の儀式のようです。「起」の動きは、大切なものを差し出すように両手を前方に突き出します。次に、差し上げるようにして、両手を額に近づけます。

 これが「天の気」を取り入れる動作です。といってもそれほど神秘的なことではありません。

 とても大切な一連のこの動作は一般に太極拳の動作の流れの中で見失われがちです。どこにこのような動作が含まれているのか、理解している人はごくまれな人でしょう。

 私はこの「起」の動作をさらに「ジー」と「リー」という二つの動作として私の教室で説明しています。ジーとは「押す」という中国語です。リーとは「引き寄せる」という意味です。この二つの動作が太極拳の隠れた「攻撃力」になります。つまり、この部分は「針」というとても大切な部分です。

 そうです、「太極拳は真綿に針を包むような動作である」という言葉をあなたは習ったことがあるでしょうか?太極拳の動作はゆっくり柔らかく(綿々不断)動き、一見するとこれが本当に武術としての力があるのだろうかと感じます。しかし、太極拳の動作に熟達した老師と「推手」で対戦すると、対戦者は柔らかく受け流す老師の動作の中に、不意に鋭い攻撃が表れ、あっという間に飛ばされてしまいます。

 どこにそのような技が隠れているか、いくら套路を練習してもつかむことはむずかしいでしょう。



[BACK][TOP] [HOME] [NEXT]