予備勢を起承転結で



 4 両手を合わせたまま腹部まで下します。この動作と一緒に「起沈丹田」、「気」をお腹の丹田に下します(イラスト4)。

 5 さらに両腕を垂らす動作とともに、足の裏まで「気」を静めます。

 
   
 イラスト4 イラスト5  


 
[BACK][TOP] [HOME] [NEXT]